2009.01.  12345678910111213141516171819202122232425262728 2009.03.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
無限グライダー

今日久しぶりに「無限グライダー」聴いたらまたひどく感動してしまいましたw

ASIAN KUNG-FU GENERATION 1stフルアルバム「君繋ファイブエム」 NO.6
君繋
2003.11.19発売


これは前から好きでしたが、友達に「ぼくらの」ってゆうマンガにピッタリ…て教えてもらって、マンガも読ませてもらったら…もぉぉおスゴい合ってて、合いすぎて!
「夢 希望 その類砕けた幻」とか…なんかもう切ないとかそうゆう言葉では片付けられない感じで、重すぎて、壮大すぎて…でもただの悲劇では終わらない強さみたいなのが確実にあって、とにかく衝撃でした。


あとあれですよね、何よりサビの疾走感…というか飛んでる感じ、風を切る感じがたまりませんよね!しかも爽快なのにスゴく泣きそうになるメロディでもあり…そこに「ぼくらの」のやるせなさと悲しみが見え隠れみたいな。


あと「無限グライダー」は演奏がスゴい好きな曲でもあって、なんと言ってもドラムの仕事っぷりが素晴らしく通快、それにギターの動きと刻み、そしてラストのグィィィィンてゆう伸びる音も物凄くイイです!


この曲は何となく定期的に聴いてしまって、その度今回のように身震いするような衝撃を受けてしまうんですよね。
「ぼくらの」読んだことある方は是非この曲を聴いてみてください!逆に「ぼくらの」読んだことない方は是非読んでみてくださいw
それぞれ単体でも充分素晴らしい作品ですが、2つ合わさると絶大な効果が!

「ぼくらの」  鬼頭 莫宏
ぼくらの1’
小学館『月刊IKKI』2004~  ①~⑨以下増刊





スポンサーサイト

( 2009.02.26 ) ( おすすめCD ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
買ってきました!!

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

スカイクロラ
押井 守監督  2008.08.02公開  2009.02.25DVD発売

これは去年の夏映画館に見に行ったんですが(一人でw)
この世界観と、何といっても空がたまらなくツボで・・・これは自分のものにしたいという願望がw

ここ一週間くらい忙しくて見られませんがいろいろ終わったら見直して感想アップしようと思います。
とりあえずめちゃめちゃ映像がきれいな作品なんで気になるヒトはぜひ見てみてください!

音的にもイイです!あのオルゴールみたいな音と空!もぉ凄まじく引き込まれます!


( 2009.02.24 ) ( 日記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
チャットモンチー「生命力」

聴きました!チャットモンチー

2ndアルバム「生命力」
生命力
2007.10.24発売

いやー、良いですね。今まで女性バンドだというだけで遠ざけてしまっていましたが、こんなにイイと思ってませんでしたw


なんか女の子らしいんだけど媚びがない、そしてタフな印象を受けました。

あとやっぱなんかスリーピースって良いですよね。ガッツリ楽器聴かせる感があって。

個人的には「真夜中遊園地」が好きでした!あの「ヘッドライト」のトコ!どぉなってんですかあそこwああゆう突き抜ける感好きですねv

やっぱあとアルバム全体に広がる力強さ…というか確固たる土台?があって、その上で不安定さとか曖昧な気持ちとかを歌ってる感じがイイです。「橙」とかモロそれですね。

そこがやっぱ他のバンドからぬき出てるトコロなんでしょうかね。
なんかこうガッツリロックで勝負してるんだけど、ガールズバンドとしての意味は拾ってる、ガールズバンドだからできることをしっかりやってる感がありますね!


いやはや、聴いてみてほんとよかったです!
今まで女性のアーティストって言ったらユキと椎名りんご…あと(昔の)アブリルさんとかNorahJonesくらいしかイイと思えるヒトいなくてw
やっぱ女性の力も侮れませんねwこれからもぉちょっと広く聴いてみることにします。


( 2009.02.18 ) ( おすすめCD ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
越境者たちの競演

昨日SAXOPHONES MEET KEYBOARDSというコンサートに行ってきました!
ジャンルはクラシックとジャズの狭間ですかね。
えっきょ


平野公崇×山下洋輔×西山まりえ
SAXOPHONES MEET KEYBOARDS


音楽の越境者たち、自由の名のもとに集う。

2009年 2月15日(日)15:30開場・16:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM

Part 1:Baroque Fantasia with Marie Nishiyama
Part 2:Jazz Rhapsody with Yosuke Yamashita

平野 公崇(サクソフォン)Masataka Hirano, Saxophones
山下 洋輔(ピアノ) Yosuke Yamashita, Piano
西山 まりえ(チェンバロ) Marie Nishiyama, Cembalo




昨日のコンサートは半分ジャズということもあり年齢層はちょっと若めでした。と言っても40代上がほとんどでしたが…けど学生っぽいヒトもちらほらって感じでしたね。
今回このホール…というか水戸自体初めて行ったんですが、面白いホールでした。なんか大理石みたいな柱がドーンと3本立ってて、客席は扇型で舞台を囲む形に。ホール自体が円い形で天井はプラネタリウムみたい(半球ではないけど;)でちょっと興奮しましたw


なにせチェンバロとサックスとジャズピアノですからスゴいことになるだろうな…とは思ってましたが、実際私の予想なんか遥かに上回る熱狂ぶりでした!もぉ熱風通り過ぎて会場全体がトルネードでしたねw


一部がチェンバロとサックスでバロック、二部がピアノとサックスでジャズという構成になっていました。
しかも一部も二部もプログラムの構成は一緒で、サックスの即興で始まりそのまま二曲目の「フォリア」へ、その後鍵盤ソロで最後にデュオ2曲となってました。


最初の即興は一部はクラシック的な、二部はバリバリジャズ風だったんですが、多分どちらも同じ「フォリア」 を基礎にしていて、しかも2曲目も二部では一部の曲のジャズVer.といった感じになっていて、一部と二部のバロックとジャズが孤立せず同じコンサートに成り立ってるように構成されていました!


あとこのコンサートに外せないのは即興演奏ですね!バロックとジャズをつなぐモノとして即興という要素も挙げられるんですが、いやはや…スゴかったですw
とりあえず一部のバロックの時点ですでにバロックでないですからねwかなりアレンジされてるのもありますし、バッハなのにジャズ!?みたいなのとかとにかくカッコよかったです。ゴールトベルグとかは今まで平野さんの演奏3回くらい聴いてますが、全部違うんですよ。クラシックでこんなにもアツくて日々進化する曲も珍しい…というかこういうのもっと増えて欲しいw


ジャズ主体の二部も即興の嵐。ていうかもぉ主な旋律以外はほとんど即興なんじゃないかってほど!
しかも即興のなかの演奏者同士のやり取りはハンパなくカッコイイですね!
お二人とも白熱な演奏でした。


で、問題はアンコールですよ!なんとチェンバロとピアノとサックスの…トリオって言ってイイのか…とりあえず三巴ですよ!!これがもおぉスゴくてアツくてほんと興奮のあまり立ち上がりそうになるのを押さえるのが大変でしたw
ここでプログラムのバロックとジャズが一つになったわけですね。
…というかその前にピアノとチェンバロの共演って可能なのか?とか考えてましたが、すっごく面白かったです。ジャズピアノにアラベスクの模様みたいなチェンバロがガシッっと噛み合ってて、そこをサックスが指揮しつつも溶け込む…てゆうかとにかくスゴすぎて上手く表せないんですが;

拍手も物凄かったですしね。割れんばかりのってゆうのはこういうことか、とか思ってwもぉ圧倒的な快みたいなのが広がってて。


長々と書いてしまいましたが、とにかく今回のコンサートはスゴかったです!
ジャズとクラシックが即興を介して衝突、そして融合…からなんかもぉ爆発!?みたいな現象を目の当たりにして、あらためてジャンルの隔たりを越えることの力というか可能性を見せつけられましたね。

ただ残念なのがこういう面白い刺激的な音楽があることがあまり知られてないということですね。
こういう音楽は若いロックファンとかも絶対好きだと思うし、夢中になれると思うのですが・・。

クラシックとジャズの融合・・そしてクラシックというジャンルにもかなり刺激的で夢中になれる音楽があるってことをもっと多くのヒトに知ってほしいです。
そういう音楽もこれから紹介していきます。



( 2009.02.16 ) ( ライブレポ ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
RADWIMPS3 続き

ラッド3枚目続き
九月


「閉じた光」これはラッド初心者にも馴染みやすい曲だと思います。スゴいカッコイイし。ガチャガチャしているようでスタイリッシュにまとまってる感がありますね。
あとやっぱりスゴくテンション高い曲なので、カラオケで歌うとめっちゃ気持ち良いです!2番の名前をカンペキに歌えた時の快感といったらw!


「螢」…これはもぉ切なすぎて!「光って消えるただそれだけと知りながら光る僕はキレイでしょう?」ですよ、光って消えるんですよ!?
歌詞は物語っぽくなってるんですがとりあえず泣けます。あと最初4拍子でサビが6拍子ってゆうあの変わり目とかもたまりませんね!


「25個目の染色体」これも好きですね。もぉなんか絶対的な愛みたいなのを叫んでるようでいて、歌詞はちょっとカワイイw途中のラップっぽいのも面白いですしねw
歌詞的にはものすごいコト言っちゃってるんですがそれも優しいメロディで染み込んで来る感じの曲です。


「セプテンバーさん」この曲は9月1日に絶対聴くことにしてますw季節の変わり目の9月の微妙ーな雰囲気がスゴい伝わって来てちょっと切ないけど気持ちイイ感じの曲です。
あと何よりイーディービーとのつなぎがたまりませんねwあのメロディはライブでも遊ばれてて必見ですよね!
写真は一昨年の9月にとったもの。9月の探したらコレしかありませんでしたw


さてさて、全部拾えてませんが3枚目についてはこのくらいにしておきます。

長々と失礼しましたw

ほんとに全部の曲について語りたいくらいイイアルバムなので聴いたコトない方は是非聴いてみてください。


( 2009.02.16 ) ( おすすめCD ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
RADWIMPS3

久しぶりにラッドの波がきましたぁぁ!

ということで今日は3枚目のアルバム(デビューアルバム)について。
「RADWIMPS 3~無人島に持っていき忘れた1枚~」
RADWIMPS3_convert_20090213151618.jpg

2006.02.15発売

スゴいバライティに富んだ曲で満ち溢れた一枚です。
ラッドの中では管理人はこのアルバムが一番好きですね。
聴いても聴いても全く飽きない!数年前は毎日ほんとこればっか聴いてましたね;

ラッドは個性とアクがつよいので、最初は抵抗あると思いますが、ずっと聴いてるとめっちゃハマります。


やっぱり一番好きなのは「最大公約数」
「僕の2歩は君の3歩 僕の4歩は君の6歩」から始まり、もぉほんとグッと来る言葉たちで恋模様が凝縮されてます!なんか聴いてるとドキドキしますwそしてスゴくカワイイv

でもこれはあの「揶揄」とか「へっくしゅん」とかのあの絶対的なシュールさと共存してるからこそ面白いんでしょうね。CD一枚最大公約数みたいなのでもふわっふわしちゃうし全部へっくしゅんでも鬱になりますしねw
こう、曲同士の相互作用がとても上手く機能してて…だから飽きないんでしょうか?


あと「トレモロ」もめちゃめちゃ好きです。

最初のサビから満天の空がバァァっと広がるのが見えます。こう硬くて冷たくてスゴい泣きそうなのと同時にそれだけで終わらないアツさがある曲です。
あとこれはギターがスゴく好きです。前に電車で音漏れしてるヒトから微かに聞こえたギターのメロディだけでトレモロだ!って分かりましたからねw


あとさっきもちょっと触れましたが、やっぱり「揶揄」は外せませんwもぉあのジャズっぽさ!?カッコよすぎです!ピアノの狂ったようなソロとか最高ですよね(屮゜Д゜)屮
ほんとやみつきになって危険でした。スゴい時は『朝イチで揶揄☆朝からテンション上がりまくり☆』みたいなコト毎日やってて;…いやもぉ朝からさわやかさゼロだろそれ!てゆうかマイナス?毎朝絶望した世界から逃避行!?みたいなねw


…なんか書き出したらすべての曲について語りたくなってしまう;
長くなってしまうのでまた他の曲は後日アップすることにします!


しかしニューアルバムに加え、春からのライブツアーも決定したみたいで…ラッド完全復活みたいですね!一時はどうなることかと思いましたがよかったです。


( 2009.02.13 ) ( おすすめCD ) ( COMMENT:5 ) ( TRACKBACK:0 )
脱ポロmonobright!!

今知ったんですが、monobrightが脱ポロシャツ宣言したんですねw?

・・てゆうか4月15日にニューアルバム、「monobright two」発売決定 ∑(。・д・。)
楽しみすぎます!なんだかカラフルなアルバムになるらしい。

白ポロ・黒ジーンズからの脱皮を経てmonobright第二章に突入!そしてライブも決定。絶対行きたい!


・・・しかしこれからどんな感じになるんでしょうか。
 なんかレンジャーモノみたいにひとりひとり色分けするとかw?「いや、赤は俺だろ。」「いやいや赤はリーダーでしょ。基本は。」「じゃあ黒は俺って事で。」・・・・みたいなやりとりがw?みんな黄色にはなりたくないみたいなw

とまぁくだらない想像は置いといて。これからのmonobrightがますます楽しみでなりません!


あと先週のスペシャの桃栗3ヶ月・・すごい笑ったw桃野さんおもしろいw


( 2009.02.12 ) ( 日記 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
秒速5センチメートル

「秒速5センチメートル」
秒速
新海誠監督 2007.03.03公開 アニメーション映画

これ最初に見た時はほんとにびっくりしました。美しすぎて。

まず桜が美しい、坂が美しい、教室が美しい、電車が美しい、建物が美しい、夜道が美しい、波が美しい、雪が美しい、自然が美しい、光が美しい、しかも自然の光だけじゃなくて教室とかコンビニとかのライトさえも美しいんですよ!
そして何よりあの空!宇宙?夢と現実の狭間の空ですね!その空を飛ぶ鳥も美しい!


あと駅の構内がリアル過ぎてかなりびっくりしました。管理人の地元の駅が出て来るんですがほんとそのままでw

あのリアルの追究とアニメでしかできない幻想的な演出。それまでアニメーションの良さがいまいち分かってなかったんですが、あれ見て初めてその価値が分かりましたね。
もぉ空なんて現実の空よりキレイだろこれっていうw
あとアニメなのにその場の空気とか温度感とかがスゴいリアルに伝わってくるんですよね。どんなワザ使えばあんな芸当ができるんでしょうか。

あと何より管理人が言いたかったのは音楽とのシンクロがこの世のモノじゃないってくらい素晴らしくて…初めて見た時は爆笑(管理人はアドレナリンが出過ぎると爆笑してしまいます;)で、ほんと踊り出さんばかりの有様でw


曲は山崎まさよしの「One more time,One more chance」なんですけど、これはスゴい、ほんとにスゴい!曲が進むと同時に物語も進んでくんですが…このシンクロ率ハンパないんですよ!!多分映像だけでも音楽だけでもこんな感動は受けられないだろう…まさに映像と音楽の融合…2つの芸術が合わさることで凄まじい効力を発揮してるんですよ!

この曲のトコだけでもいいから是非多くの人に見てほしいですね。
管理人はこれ見て自分の音楽感の方向性がちょっと変わりましたw

特に「夏の思い出がまわる…」のロケットが飛ぶトコが好きですね。もぉうあぁぁあ!ってなるw
あと言わずもがな最後の踏切のシーンですが…まぁここは何も言わないほうがイイですかねw


兎にも角にもすごいアニメーションです。一見の価値アリです。見たことない人は是非見てみてください!


( 2009.02.08 ) ( 映像作品 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
The pillowsスケアクロウ!!

2つ前の記事でカンペキにピロウズにしてやられてしまったわけですが…
先日他のピロウズの曲も茶漬様に携帯で聴かせてもらって…
また「をおぉぉぉ!なんだこの曲たちは!?」となりましてそれらが入ってるアルバム
Wake up!Wake up!Wake up!
ウェイクアップ
2007.05.02発売
を借りたのですが…


もおぉ良すぎてどうすればイイのかわかりません!

とりあえず「スケアクロウ」!!
最初聴いた時もスゴいと思ったけどよく聴くとさらに!!もおど真ん中すぎてクリーンヒットすぎて昨日(昨日借りた)からこればっか聴いてますw

あのサビの泣きそうな旋律?(てゆうか実際泣くんですがw)あの半音階?たまらん!!なんなんですかのあの凄まじい悲壮感は!?あとなんかスゴい風吹いてますよねあの曲!?
もぉとりえず歌詞も音も良すぎて、昨日からスケアクロウにとり憑かれてます;


昨日の夜は寝る前にもう1回聴こうと思ったら、ちょうどベッドから月が見えちゃったりして、窓開けたら星も光ってたりして、12時すぎなのに空が明るかったりして…そこにスケアクロウ!!もぉ夢みたいでした。
でも実は寒かったりして、ネコがベッドに来たりして、その後寝苦しかったりしてw自分イタかったりして;


でもしょうがないですよね。音楽が良すぎるせいで自分のせいじゃないはずw

茶漬様…2度目だけど教えてくれてほんとありがとう!
このCDだけであと5ヶ月は生きられる気がするw


( 2009.02.07 ) ( おすすめCD ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
ただの日記。

今日は待ちに待った某マンガの発売日。

朝登校途中のコンビニで自分用と友達に頼まれた同じマンガもう一冊とピで始まりーで終わるマンガ計3冊を買うことに。


無事コンビニにたどり着いたはいいが・・ええぇえ!?この表紙!??・・・将軍が来るとは思ってたがまさかの・・・!いや、ほんとに?これ2冊買うのか?

まぁ幸運なことに遅い時間で客も少ないし、無事3冊のマンガと伊右衛門を購入。
客が少ないので店員さんは2人で対応してくれた。
・・絶対某マンガの一冊は保存用だと思われたなw

しかも店員さんの一人(おばあちゃん風)に話しかけられた。
店:「今日は(何の登校)?お勉強?」
自:「はい・・・お勉強です。」

・・・よく言い切ったな自分!!マンガ3冊(しかも一個だぶってるし。)買っといて。そしてすでに10時をまわっている。・・絶対お勉強じゃないよコレ!

まぁとりあえず買えて」良かったです。マンガもすごい面白かったです。



( 2009.02.04 ) ( 日記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
今更ピロウズの良さを知る。

昨日the pillows の最新アルバム、PIED PIPERを茶漬様からお借りしました!
ピロウズ
2008.06.25発売

管理人はですねぇ、ピロウズはずっと知ってたんですけど、トリビュートアルバムしか聴いたことないってゆうハクジョウモノだったんです。

まだ一回くらいしか通して聴いてませんが、まず感想としては、なんで今まで聴いてなかったんだろうってコトですね!ほんとトリビュートだけで本物聴かないとか愚かでしたね!(いゃ、トリビュートも大好きなんでまたそっちも語りたいんですがw)

もぉカーコイイです!昔のピロウズきいてないんで過去のピロウズは分かんないんですが、このCDの印象としては、単純にこの爽快なテンポとテンション、あとやっぱ絶対的な余裕?確実さがスゴいですね!

あと正直このポップさに驚きましたwでもやっぱりただポップでは終わらない、確固たるロック感みたいなのが…あぁなんか「スゴいカラフルでファンシーな絵だけど選び抜かれた色と絶妙なタッチで描かれてる…んでめっちゃ高い厚い額に入ってる」みたいな感じですねw
キャリアのなせるワザがギラついてる感じですねw


曲単位としては、「Pied Piper」と「No Surrender」が好きです!…けどまだちゃんと聴いてないんでまだ曲全然理解してないんで、あくまで第一印象で・・ですけど。
これからもっと聴きこみますねw

これ今日の朝走りながら聴いてたんですが、爽快で愉快で思わずニヤついてしまいました。ニヤつきながら走ってましたw  茶漬様、貸してくれてほんとにありがとうv

そして今更ですがこのジャケもめっちゃカーコイイですねw


( 2009.02.03 ) ( おすすめCD ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
BUMP おきにいりPV

好きなBUMP PVベスト3


BUMPは映像もスゴくイイですよね。
どれも甲乙つけがたいのですが、特に好きな3つを紹介しますv(`∀´v)

1位 プラネタリウム
これはほんとにキレイでスゴい好きです。もぉ何回見たか分かんないくらい…定期的にみちゃうんですよねw
やっぱり星がいっぱいでキレイで、でも眩しいって感じじゃなくて輝いてる感じがイイですね。
1番好きなシーンは藤君が正面で映ってて暗くなって…また明るくなる瞬間ですね。あの音楽とのシンクロがたまりませんw
あの瞬間はライブでも脳裏にかすんじゃいましたwゼップはほんとにライトが星みたいでキレイでしたV


2位 ステージオブザグラウンド
これはほんとにカッコイイ!メンバーの演奏っぷりはもちろんですが、なんと言っても光(と影)がカッコイイです!曲の疾走感と絶妙なカメラワークがバッチリきまっててとりあえず曲の間は目が離せませんw終わる頃には眼球が乾燥です。
この曲はなんと言っても長いイントロとラストが重要じゃないですか!そこら辺映像もかなり魅力を引き出しててとても見応えあります!

3位 スノースマイル
…また語るのか?って感じですが;
このPVは天体観測のPVとリンクしてるんですよね。
小道具とかいろいろ。これは実際見た方が楽しいと思うんであんまり言いませんがw

あと景色がスゴいキレイで好きですね。雪景色はもちろん、藤君とヒロの道路沿いの紅葉がすっごい好きです。あとみんな楽しそうだしw雪のシーンとかあれ雪合戦してマジで遊んでるだけですよねw


バンプのPVの監督さんはスゴいいろんなアーティストの撮ってるみたいですが、たしかDOESの修羅もこの監督だったような…あのセーラー服のやつ!


( 2009.02.01 ) ( 日記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。